気になるニュースに物申す

【トヨタ プリウス 新型】受注台数18万台に…月販計画の18倍

【トヨタ プリウス 新型】受注台数18万台に…月販計画の18倍
6月19日14時40分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000006-rps-ind
結果的にホンダのインサイトの売れ行きが好調だったおかげで
消費者のニーズをトヨタが理解できたから、
このような結果になったのではないでしょうか。
エコ関連の商品が巷に溢れていますが、
リーマンショックの影響で地球に対してのエコよりも
自分の財布に対してのエコの方が求められていると思います。
トヨタ自動車は19日、新型『プリウス』の発売から約1か月に当たる6月17日時点の受注台数が約18万台になったと発表した。月間販売台数の18倍に当たる。
[新型 プリウス 写真29枚]
トヨタではプリウスの受注状況について「大変好調な立ち上がりとなっている」としている。主な好評点として、90%以上を新開発したハイブリッドシステムによる超低燃費とゆとりの走り、205万円からの価格と環境対応車普及促進税制による約16万 – 21万円の減税、S-VSC、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグなどの充実した安全装備を上げている。
同モデルの国内の月間販売計画は1万台。新車の発売後1か月の受注台数は、多くても3倍程度。プリウスの受注台数は過去に例がない新記録となる。
《レスポンス 編集部》

カテゴリー