気になるニュースに物申す

鳩山首相「2島返還理解できぬ」 日露首脳会談

JUGEMテーマ:ニュース

鳩山首相「2島返還理解できぬ」 日露首脳会談
11月15日18時0分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091115-00000538-san-pol
決して2島返還では妥協しないと態度で表したことは大きいと思います。
民主党の対ロシアに対しての外交の姿勢が明確になり、安心しました。
しかし、気になるのが、
>先の通常国会で北方4島を「わが国固有の領土」と明記した改正北方領土問題解決促進特別措置法の成立や麻生前首相の「不法占拠」発言でロシア議会を中心にで反日感情が強まっていることに言及。
一体ロシア側がどのようにこの問題を解釈をしているのか甚だ疑問です。
「不法占拠」というのは、適切な表現だと思います。
長年、不法占拠をしていることに少しは負い目を感じていただきたいものです。
 【シンガポール=松本浩史】鳩山由紀夫首相は15日午後(日本時間同日午後)、ロシアのメドベージェフ大統領と訪問先のシンガポールで会談した。首相は北方領土問題について「2島返還は理解できない。それを超えた『独創的アプローチ』を示してほしい」と述べた。日露平和条約の締結に向け、北方4島のうち歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)の返還合意だけでは不十分との認識を示したものだ。
 これに対し、大統領は「冷戦時代の発想はとらない。現実的な解決をしたい」と述べるにとどめた。同時に、先の通常国会で北方4島を「わが国固有の領土」と明記した改正北方領土問題解決促進特別措置法の成立や麻生前首相の「不法占拠」発言でロシア議会を中心にで反日感情が強まっていることに言及。「われわれも努力しようとしているのに、そうしたことが水をさす結果になっていて残念だ」と述べた。
 両首脳は、岡田克也外相の訪露や12月にコペンハーゲンで開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の際に再会談することで一致。首相は岡田克也外相を近くロシアに派遣する意向を伝えた。

カテゴリー