気になるニュースに物申す

小沢氏、暫定税率維持「理解得られる」

JUGEMテーマ:ニュース

小沢氏、暫定税率維持「理解得られる」
12月26日20時17分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000848-yom-pol
いろいろ小沢さんも勘違いしているようですが、
大部分の国民はそもそも暫定税率廃止を期待していませんでした。
国民が理解できないのは、財源が足りなくなるだろうから、
廃止しなくてもいいと思っていたものを廃止するとマニフェストに記載し、
案の定財源が不足する事態になり、
あれだけ公約を守れなかったら辞職すると言っていたのに
辞職もせず、マニフェストも守らないといった、
すぐ考え方がコロコロ変わる民主党の考え方です。
それと、必ず「誰か悪者にならなければいけない」訳ではありません。
記者を見下してるかのような態度がますます嫌われているのでしょう。
人格が現れています。
 民主党の小沢幹事長は26日夜、兵庫県尼崎市で開かれた党所属議員のパーティーであいさつし、政府が2010年度予算編成で、民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)に反してガソリン税の暫定税率を実質的に維持したことについて、「約束だから実行しないといけないが、石油価格も落ち着いてきているので、理解を得られるのではないか」と評価した。
 「小沢一郎が一番悪いという報道ばかりだが、誰か悪者にならなければいけないので、一向に構わない」とも語った。
 一方、来年夏の参院選で、改選定数2の選挙区に候補を2人擁立する方針について「全国の都道府県連に対して、今、厳しい要請をしている。みなさんから憎まれているが、安定した政権をとって約束を実行するためには、何としても必要なことだ」と述べ、厳格に適用する考えを強調した。

カテゴリー